アメリカは中国を覇権の挑戦者と認識したが日本は気を付けなくてはいけない

アメリカ、トランプ政権が国家安全保障戦略で中国をアメリカの覇権の挑戦者と認識していることを発表しました。
ドナルド・トランプ大統領は中国の習近平国家主席のことを大好きだ、相性が良いと散々言っていたのでそれらの周辺国はやきもきしていたのですがこれで一旦安心できるでしょう。
しかし国際関係は移り変わるものなのでそこで緊張をゆるめてはいけません。
特に日本は中国に領土を狙われているため、米中のあらゆることに気を配っておくことです。
アメリカは中国が邪魔な時は日本を、日本が邪魔な時は中国を利用するので、日本はアメリカの邪魔をせず、かと言って中国と真正面から戦わされないようにかじ取りを気を付けて行かなくてはなりません。
そうしながら軍事力を高めたり同盟国を増やしたりと言った手を打ち、より有利に立てるようにすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください