塩麹は江戸時代から使われている万能調味料

先日、料理レシピの冊子をパラパラと見ていて興味を持ったのが塩麹です。
そこには、鶏肉を塩麹に浸けて焼くレシピが載っていました。

塩麹は、塩と水と麹を混ぜて発酵させたものです。
甘酒のような見た目で、甘味と塩気が適度に混ざった万能調味料である塩麹は、長期保存もできるそうです。

素材の旨味を引き出したり、炒め物や焼き物の色を鮮やかにしたり。お肉を浸けておけば柔らかくなるし、ドレッシングとしても使えます。
塩感覚で使える、とにかく便利でおいしい調味料なのです。

塩麹は江戸時代に使われていた伝統の調味料で、最近になって先人の知恵が注目を浴びているというわけです。
この機会に、塩麹を使った料理を試してみては如何でしょうか。