[海よりもまだ深く]映画を見に行きました。

是枝裕和監督の作品で樹木希林、阿部寛、真木よう子が出る日常的なよくありそうなストーリーです。
サブタイトルは夢見た未来と違う今を生きる元家族の物語
主人公阿部寛は自称探偵のだめ人間で仕事はせこく、ギャンブルにはまり,親の金をくすねとり、養育費も払わない、元嫁の真木よう子の新恋人を妬ましくにらみつける姿は
凄く醜い演出で、濃い顔の阿部寛にはまってます。
そして、そんなだめ息子でも暖かくのんびりと見守る母親の樹木希林はこの作品では最強の配役でしょう、主人公といってもいいぐらいの重要な役です。
樹木希林の言葉一つ一つに深く感じます。
映画自体は特に大きな事件や奇想天外もなく淡々と元家族の日常を描いていますが、
見所は、見終わった後、特になかったように思えます。
しかし、後からじわじわと来るのは、だめ人間を演じた阿部寛と自分の被るところ。
そして、樹木希林の言葉の重さ。
「寝たきりになるのと、ぽっくりいって夢に出てくるのとどっちがいい?」
自分の母親と被ってしまい、後から考えてしまう作品でした。